おすすめな<BL> 2007

BL ミズノ内木、テラシマ、北上れん

BLコミック

「この欲望的な手の早さ」 ミズノ内木 アクアコミックス
 ※ いやもー、どこが好きってなんか好き。(コラ) 何気に体育会系だったり時々とっぴょうしもない設定だったり(このコミックスでは”BLTV”くらいだけど、こないだ雑誌に載ってたのはなかなか変な設定だったし)以外とエロかったり。
 おしゃれなパティスリーの話なのに「ウチの店の正式名称は”北条養鶏製菓支部”だ」とかさー。あー楽しー。
">この欲望的な手の早さ

 

「ポラリスベル」 テラシマ マーブルコミックス
 ※ 男にも女にもだらしない秀吾が第一印象も最悪だった車掌サンにいつの間にか恋をしてて、それだけでもハードル高いと思ってたのに実は元カノのお父さんだった。もう止めようと思ってもどうしても諦められなくて、でも言うつもりはないし時々話していられたらそれでいいんだとそう思った。じたばたしたけど前向きに開き直る秀吾もいいです。
 でもそんなこんなで元カノの燈子ちゃんがまたいいんです。まだ秀吾に気持ちを残しているのにそんなことがわかってしまって、秀吾の気持ちが自分を向いてないのも辛いし万が一にもお父さんを盗られたくないし、とっとと告白してがっつりフラれちまえと思ってもそんな狭量な自分が苦しくて。ああぁもう可愛いーなぁ。
 派手な話ではないですけど、登場する人がそれぞれしっかり出来てて面白いです~。
">ポラリスベル (MARBLE COMICS)

 

「ホネヌキにされたい」 北上れん ビーボーイコミックス
 ※ アホで可愛いワンコな篤史はシッポばしばしな記念日マニア。普通さ~「初めてお味噌汁誉めてもらった日」とか覚えてませんて、女でも。
 そんでうざい、うるさいと邪険にしつつ実はメロメロに甘い保科がバランスよくってね。結構親馬鹿な飼い主サンですよ~。あはは、ステキー。
">ホネヌキにされたい (ビーボーイコミックス)

書影は続きへ~

続きを読む "BL ミズノ内木、テラシマ、北上れん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

BL 樹生かなめ、成宮ゆり

BL

「龍の灼熱、Dr.の情熱」 樹生かなめ 講談社X文庫ホワイトハート
 ※ うっわー。油断した~っ。
 今回は氷川のヤキモチが一段と楽しい温泉旅行からはじまって、なんかいつも以上に甘あまだしほのぼのしてるわねぇ、とか思ってたのに! まったく樹生さんを甘くみてたらダメっすね。ええって思う間もなくとんでもないことになってくんだもの。なんかもう、心臓に悪い気がする……。
 いやー、なんか次巻が怖いです~。でも怖いからこそ早く読ませて……。
">龍の灼熱、Dr.の情愛 (講談社X文庫 ホワイトハート)

 

「野蛮な恋人」
「純情な恋人」 成宮ゆり 角川ルビー文庫

 ※ スレたオトコの純情ってのは楽しいっすね!(まぁ他人事だし)
 うっかり恋に落ちた自覚をもったとたんいつもと違う自分にどうしたらいいかもわからなくて、なりふりかまってなんかいらんなくて。手を伸ばして縋りついて、なのにすれ違って届かない。嫉妬する権利もないのに揺れる気持ちが辛くて、決してキレイじゃない、彼に似合わない自分がうらめしい。
 なんかもう、めろめろに余裕がないのがいいです。
">野蛮な恋人 (ルビー文庫)
">純情な恋人 (ルビー文庫)

 

書影は続きで

続きを読む "BL 樹生かなめ、成宮ゆり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

BL 崎谷はるひ カラメルとチョコレート

BL

「カラメル屈折率」 崎谷はるひ 角川ルビー文庫
 ※ スピンオフの「チョコレート」が読みたくてようやく手をつけました。だってかわいこちゃん受はあまり得意じゃないのよ~。そこはほら、崎谷さんだから読めば面白いんですけどね。まぁね。
 いや~、高校生だなぁって感じ。世界が狭いからささいなことでテンパっちゃう。気を使っているつもりですれ違う、気持ちが閉じてダークになっちゃう。ソレばっかりな自分をコントロールできなくてからまわる。駄目だよ? きちんと伝えないとわかんないんだからね?
 まぁね、大人になったからうまくやれるってもんでもないことは「チョコレート」参照ですか。(いや、あれを大人の見本にするのは完璧に間違ってます)
">カラメル屈折率 (←アマゾン)

 

「チョコレート密度」 崎谷はるひ 角川ルビー文庫
 ※ てゆーかさー、そんな無体な真似をしなくても普通に落ちたと思うんですけど~? まぁ、風見が普通に口説くとは思えませんがでも、もうほんのそこ、ってとこまで手懐けてたはずなんだけどねえ。ちゃらちゃらにひっくり返してアレだもんなぁ。
 だいたいさー「本気にならないようにしていた」って、じゃあいつから本気モード発生してんですか。本気になってもいいとか思ったんですか。本気になろうかと決めたんですか。身体ごと無理やり絡め取ってさんざん可愛がって気がついたら自分も絡まってんじゃないよ~。城山が逃げるまで気がつきもしなかったろ?(逃げた後もイマイチ気がついてなかったっぽいか)だからって感慨のかけらもないあたりが風見なんだろうな~。ああ、タチ悪ぃ。
 ほんっと、本能しかない人間相手にすんのは大変だねえ、と城山に同情しますよ……。何の役にも立ちませんが。
 いやでも、ふふ、城山がどんどん可愛くなってくんで楽しかったです。風見のマーキングが(たぶん無意識なんだろうが)逃げられる毎にきつくなってくのも微笑ましい(!)しね。結構こーゆー話は好きなんだよね。つまり。
">チョコレート密度 (←アマゾン)

書影は続きで~

続きを読む "BL 崎谷はるひ カラメルとチョコレート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

BL 英田サキ、崎谷はるひ、火崎勇

BL

「夜に咲き誇る」 英田サキ プラチナ文庫
 ※ 秋津がどうして羽生との時にはあんなに苦しそうだったんだろうと思っていましたが(いや、それは久我とだっていろいろあったりするわけですがでも秋津はちゃんと気持ちを収めることが出来てるでしょ?)つまり、羽生は秋津の一番欲しいものをくれなかったんだろうなぁ。望む前から久我がくれたそれを。
 出来なかった、あるいはしなかったのは羽生の性格もあるだろうけど秋津をどうしても手放せずそれでも自分と墜ちて欲しくなかったからなんだろう。だから自分を見せることなく欲しいだけ奪って翻弄し続けたんだろう。秋津はそんなに弱くないのに、とは今だから言える台詞だし、若かったそのときには今のようにはならなかったかもしれないし。
 過去があって今につながって、沢山の経験があって幸せをつかみ取ろうと思えた。久我は羽生に感謝しなくちゃいけないのかもね。
">夜に咲き誇る (←アマゾン)

 

「ANSWER」 崎谷はるひ ルチル文庫
 ※ 以前ノベルズで出ていた作品の文庫化ですね。崎谷さんにはめずらしくほとんど手を加えていません。実は再読率が結構高い作品なのでそれはそれで嬉しいです。さらに未収録だった小品も同時収録されてますのでお得感もばっちり。(死語か?)
 この話のどこが好きなのかって、うーん、秦野が結構負けてないとこ、ですか。真柴の言うなりになってはいるけれど、投げやりというでもただ犠牲になってるわけでもなくて。秦野自身の鬱屈も欲もあればなにがしかの思いもきちんとあって、それで真柴を受け止めているところ。全部頭で考えてるわけじゃなくて感覚的なとこもあるけどね。
 これから先は、実は真柴がわりとあれなんで甘えて甘やかしてのバランスがいいんじゃないかな、とか。一方的に縋るでもなく与えるでもなく、二人で手をつないで歩いていくような気がするんだな。
">ANSWER (←アマゾン)

 

「ケダモノたちの夜に」 火崎勇 アズノベルズ
 ※ とりあえず、訳がわからないままにひきまわされるのはイヤだよねえ。理由を言われたからって納得できるかどうかは別物だけどさ。
 ある地方に棲まう地神をからめた伝奇モノになっていますが、結構破綻がなくてよかったです。相手に対する気持ちもえっちしないといけない状況とかもちゃんと理解できるしね。
 ただ微妙に物足りない気がするのは、やっぱり前半わけがわかんないまんま置いてきぼりにされてるような感じがするからかも。話の構成上仕方ないんですけどねー。
">ケダモノたちの夜に (←アマゾン)

 

書影は続きへ

続きを読む "BL 英田サキ、崎谷はるひ、火崎勇"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

BL 秀香穂里、樹生かなめ、高岡ミズミ

BL

「黒い愛情」 秀香穂里 ラヴァーズ文庫
 ※ つまるところ一目惚れだったってことかな。まぁ、惚れるとまではいかなくても好意があったってことよね。なんか、行為と方向は結構ハードですが当人達はめろめろと言うか甘あまと言うか。文章の隅々から濃密な気配がしたたっているようです。
 二人共にそれぞれ心の奥底に秘めた闇があり、それを昇華できた(か、まだこれからのことかもしれませんが)のは互いの存在がささえとなり歯止めとなるからでしょうか。加藤の望むとおり二人は秘密を共有し縛り分かち合う。それは傷ついた過去に処方する薬なのかもしれません。
">黒い愛情 (←アマゾン)

 

「不条理な男」
「愛されたがる男」 樹生かなめ 講談社X文庫ホワイトハート

 ※ 邦衛は実にまったく、難儀な男だ……。病気って、病気って、まぁ病気かぁ? それにしてこんなやつの何がいいんだ、明人。って言っても、本人も認めてるように好きになっちまったもんは仕方ないったら、そりゃねぇ。でもひらきなおってからの蹴り飛ばしても(文字通り!)浮気を阻止しようという明人の気概がいいです。がんばれ!
 それにしても邦衛のすさまじい偏食ぶりは寿命短そうだよ……。
 いや~、さすが樹生さん、ここまで不条理な男だとくらくらしますね。まぁでも不条理だけどラベンダーより痛くないだけまだまし? まし……かな?
(↓アマゾン)
">不条理な男
">愛されたがる男

 

「甘い罠で蕩かせて」 高岡ミズミ ラキア・スーパーエクストラ・ノベルズ
 ※ ひたすらエロいです。レーベルに合った出来と言うべきでしょうね。すげぇ。
 とはいえ友人もなく家族からも顧みられることのない智哉がさしのべられたその手をふりほどく事など出来ない話で。初めて知った心地よさに溺れてもすがっても仕方ない話で。……そんな風にエロの向こうにどこか納得できてしまうトコロも潜んでいるのです。

表紙画像は続きへ

続きを読む "BL 秀香穂里、樹生かなめ、高岡ミズミ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

~3/10 BL 英田サキ、烏城あきら、坂井朱生

BL

「DEADHEAT DEADLOCK2」 英田サキ キャラ文庫
 ※ ユウト……、いくらロブが以前FBIの協力者だったことがわかってたからって信用するのが早すぎるんじゃないの。こないだ騙されたばっかじゃん……。経験の足りないトコは体当たりでって姿勢は良いけどね。ホントにおとり捜査できてたのかよ?(こないだも思ったけど) まぁ、がんばれ。
すべての謎も二人をとりまく関係もシリーズ3巻目へ持ち越しです。待ち遠しいです。
">デッドヒート (←アマゾン)

 

「スパイは秘書に落とされる」 烏城あきら キャラ文庫
 ※ おお、いいね。最初はよくある気弱な秘書さんかと思いきや、なとこがイカスわ~。
 産業スパイであるところの雅也は潜入したものの他のとっかかりがつかめずに秘書の中島を身体から落とすことにした……のだが思った以上に情がうつってしまったらしい。仕事だと思い切っているつもりなのにどっか割り切れない行動をしてたりでさ。スパイなんかやってるくせに存外まっすぐな雅也も好みだね。自分を新潟の地犬に例えたりしてるけど、いや~本当にワンコだわんこ。懐いたら一途って感じよ~。
">スパイは秘書に落とされる (←アマゾン)

 

「夜とオレンジの果汁」 坂井朱生 プラチナ文庫
 ※ 譲ぅ~、あんた、それでわかってくれってのはいくらなんでも無理だよ~。元から夏以が誤解してたせいで余計、てのはあるけど直裁的な言葉は一切ないんじゃん。そんで手が早いんだから身体だけかよって思われても仕方ないでしょ。それでも客観的に見れば譲もけっこーたっぷりかわいがってんだけどねぇ。通じなかったら意味ねぇっての。
 夏以は意地っ張りで真面目で恐がりで、でも案外素直なのに恋愛下手なとこも結構かわいい。いいなぁ、好みだなぁ。
 ところで「夏以」って名前が読みづらいっす。どうしても「かい」って読めなくて「なつい」になっちゃうんだな。まぁ、いっかーと思って「なつい」で読み通しちゃったけどさ。
">夜とオレンジの果汁 (←アマゾン)

表紙画像は続きへ

続きを読む "~3/10 BL 英田サキ、烏城あきら、坂井朱生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

~2/17 BL 崎谷はるひ、中原一也、坂井朱生

BL

「くちびるから愛をきざもう」 崎谷はるひ ルビー文庫
 ※ 躾けがなってません。つーか。
 思い返して見ればここんとこ、崎谷さんのお話はだいたい無自覚な天然にキレるわんこ(例外もあり、か)が多かったんですが、これは真っ向正面から自覚が無かった俺も悪いけどちゃんと躾けなきゃダメじゃん、て。そういうお話です。
 でも何より堪えたのは。純大が京也に対して酷いことをした自覚があって、だからもう無理だと口説くのを諦めきってるその気持ちで。純大の行動は思いこみでしかなくて、京也の気持ちがどうだとか、ましてがんばって口説き落とそうとかわかってもらおうとか思ってもなくて。それって結局、俺のことなんかどうでもいいんじゃないのか?
 とはいえいつまでも子供こどもして甘やかしてたのも自分だし、したらやっぱり俺が何とかしなきゃだよなぁ、って根性いれる京也は随分と男前です。根性だけで何とかなるってもんでもないけど、心意気だろ。好きだな~。
">くちびるから愛をきざもう (←アマゾン)

 

「秘書の条件、社長の特権」 中原一也 リンクスロマンス
 ※ 中原さんにしてはオヤジが小綺麗ですよ。まぁ、潔癖性気味な秘書が端から磨き立ててるせいですが。
 キリキリ、がみがみと口やかましくしてても、いかにも余裕の社長に振り回されてあしらわれちゃってるのは、なんか可愛い。そんで一旦認めたらそれは案外素直なんだけど、羞恥心とかプライドできゃんきゃん吠えちゃってるのがまた可愛い。
 ま、オヤジにしたってホントのとこ見せてる程には余裕なんてないんでしょうけどね~。
">秘書の条件、社長の特権 (←アマゾン)

 

「いとしさで包まれたなら」 坂井朱生 ルチル文庫
 ※ 桐沢が職業柄心配するのはわからんでもないが、そりゃあんた、過保護に過ぎるってもんですがな。事件が起きてしまえば「ほら」って思うかもしれないけど、この件に関して言えば実友に非はないだろ? だいたい今回の件は桐沢の心配性がめぐりめぐって引き起こしたと言えないこともないような気がするしー。(まぁ、風が吹いたら桶屋が~、くらいめぐりめぐってるけど)
 ふふん。でもまぁ、大人の顔して余裕ナイとこがいいやね。
">いとしさで包まれたなら (←アマゾン)

書影は続きへ

続きを読む "~2/17 BL 崎谷はるひ、中原一也、坂井朱生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

~2/12 BL 「愛執の鎖」 秀香穂里

BL

「愛執の鎖」 秀香穂里 クロスノベルズ
 ※ 独身時代は二股、浮気は当たり前だったという三浦も結婚して2年、すっかり落ち着いたと言えればいいのだろうけれど、先の見えた未来になんだか心許ない気がする。そんなとき、酔ったはずみで大石に抱かれて濃厚な情事にのめり込んでいく。
 大石が、独占欲が強く息が詰まるほどに縛りつけ囲い込む様に愛する自分を知るが故になんども手を離そうとするのに(真実相手を思ってのことか、あるいは報われない自分を哀れんでかはともかく)、三浦はずるずると手をのばしつづける。あれもこれも欲しがって手放せない、無理だとわかっていても流されるままに求める優柔不断なずるい男。仕事は出来ても与えられることに慣れた甘えたがりは破滅が見えるまで身動きもできずに追い詰められる。
 三浦がねえ、ここまで非道い男だと嫌悪もわきません。呆れるというか困ったヤツだと甘やかしてしまいそうで、確かにどこか、あやうい魅力があるのでしょう。恋愛沙汰に慣れているはずの最低な男の行動は何か稚拙で、その行方は痛いようです。
 大石の、普通ならば抱きつぶしかねない重すぎる執着はこの駄目な男が欲しいだけのものを与えてやれるのでしょう。きっと。
">愛執の鎖 (←アマゾン)

 書影は続き~

続きを読む "~2/12 BL 「愛執の鎖」 秀香穂里"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

~1/24 BL 坂井朱生、鹿住槇、高岡ミズミ

BL

「シュガー・メイビィ・ラブ」 坂井朱生 ルチル文庫
 ※ なかなかじれったい二人です。過去のトラウマから対人恐怖症気味の歩に手をさしのべたのは姉の家庭教師をしていた洋一郎。怖そうな外見に反して面倒見がよくおだやかな洋一郎への恋を自覚したのはいつのことか。ただ、自覚するずっと前から心にあったその気持ちがゆるやかに大きくふくらんできたのだと思う。
 気持ちを言葉にして伝えて、応えてもらって、なのにそれからどうして距離が開いた気がするのか、歩にはわからない。(結構わかりやすいと思ったけどね?)
 洋一郎がねー、自分でかかえこんじゃうからすれ違うのよ~。性分でしょうけどさ。手遅れにならないでよかったね?
">シュガー・メイビィ・ラブ (←アマゾン)

 

「兄と、その親友と」 鹿住槇 キャラ文庫
 ※ や、実にかわいらしい話ですね。陽は兄の親友の崇匡に憧れていたけれど、もしかして崇匡は兄を好きなのではないかと思ったときに自分の気持ちもただの憧れではなく恋愛としての好きなのだと自覚する。どうしてか崇匡も兄の元に遊びにこなくなり距離ができたようで寂しく思っていた。そしてあれこれと思いあまった末、陽は崇匡に「兄ちゃんのかわりに……」と思いをぶつけるのだが。
 だがしかし。誤解が誤解をまねき、気持ちはすれ違う。いやもうね。陽がかわいい。出来のいい兄ちゃんにコンプレックスを刺激されてはオレなんかと思ってた陽が自分に出来ることを少しでもしようと夏期講習に通ったりしてがんばろうって気持ちがいいし、もうちょっと落ち着け、とか意志の疎通は大事でしょとか思うものの崇匡に向かってまっすぐなとこもかわいいです。
">兄と、その親友と (←アマゾン)

 

「不器用な唇」 高岡ミズミ ラキアノベルズ
 ※ うーん、自覚のないガキってのはタチが悪いってそーゆー話? まぁ、無理強いだとかいっても、裕紀のほうも結構頑固だし、気ィ強いし、負けてはいないよなぁ。
 傷つくことに敏感で、こわがりで、ズルイ子供な裕紀と。否応なしに大人になってしまった、でもまだ癒えない傷にどこか危うい小田切。でも無茶するのは裕紀なんだなぁ。
 二人で手を取り合っていけばいいんだと思う。

書影は続きへ

続きを読む "~1/24 BL 坂井朱生、鹿住槇、高岡ミズミ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

~1/21 BL 樹生かなめ、崎谷はるひ、高岡ミズミ、ななおあきら

BL

「黄昏に花が舞う」 樹生かなめ シャイノベルス
 ※ 枯れ尾花ラブ第2弾です。ふふふ、いいわぁ。
 いやいや、ようようほだされちゃったようですよ? で? 肝心の続きはどこ?(出てません)
 基本的に相手の意見は聞く気がない方向で自分の愛をつらぬく(押しつけるともいうな)樹生さんのヒーローくんなんですが、この小田原くんはのらくら逃げる岩井課長に対して一応、今は騙されてながされてあげます……とひく気配もみせるし(見せるだけで次の日にはリセットしてますが)岩井課長の方も押されても妬かれても柳に風ってこーゆーことね、なズルイ態度でごまかすし。なんかこー、地味に攻防してるのがおかしくてイイ感じです。
 さあ、ほだされちゃったからにはらぶらぶよね? 続きは?(出てません……)
">黄昏に花が舞う (←アマゾン)

 

「きみと手をつないで」 崎谷はるひ ルチル文庫
 ※ 以前、ハイランドのラキアノベルズで出版された作品の文庫化です。前読んだときも思ったけど、香澄くん、好きだなぁ~。家政夫さんでサーファーでまっとうでいい男で、しかもちゃんと(?)イマドキなコなのがいいんですよ~。仕事はともかく(いや! 家事能力高いのはポイント高いっすよ!)好きになったらくらっくらだし、地味に悩んだり煮えちゃったり、なーんか普通なんだもんよ!
 対する神堂は、これでもかってくらい普通と縁遠い天然です。いやー、「ひけをとらない」の淑美と違って他人と馴れ合うどころか話も出来ないひきこもりで。情緒は幼児レベルと断定されるわ、不健康だわ、そのくせ頭はいいのでどっかバランスが悪い感じが色っぽい……んだそうで。もうね、基本的に世話好きと自覚のある香澄はひとたまりもないです。 
">きみと手をつないで (←アマゾン)

 

「突然、恋はおちてくる」 高岡ミズミ ルチル文庫
 ※ 城之内はよくある人の話を聞かない困ったタイプ、に見える。けど、実のとこ自分のことにいっぱいいっぱいで(何しろ根暗な恋愛下手が初恋の相手と再会なのです)佐竹が相手してくれるのに舞い上がってそのままテンションが下がらなくって。そらもう、話なんて聞いてらんないよな。かわいいっちゃ可愛い。イノシシだけど。
 佐竹も酔っていたとはいえ、自分から機嫌良く誘って自分のテリトリーにつれてきてんだから、無自覚なりに思うところはあったんでしょう。ただ、その無自覚を自覚するにいたるまで、まして覚悟をきめるまでにはたっぷり時間が必要だったりするんですよ。
 とりあえずがんばって良かったねえ。でももーちょっと人の話は聞けよ?
">突然、恋はおちてくる (←アマゾン)
 

 

「潤愛狙撃手」 ななおあきら B-BOY SLASH NOVELS
 ※ えーと、アンタら馬鹿だろ……。なんつーかもうちょっとコミュニケーションとろうよ、な?
 でもこじれてる割には二人とも幸せそうなんでいいかぁ、て感じです。主に自分からこじれてってる巽も、自覚しちまえば案外に素直だし言葉は惜しまないし。だからこう、やってることはアレなんですがあまり厭味がないようです。
 とはいえ槇田の方はこじれてるつもりが欠片もなかったようで、そういう意味では最初から最後まで幸せくんでしたね。思いこみ万歳てーか、結果オーライてーか。巽は槇田の事を思い悩むだけ無駄ってもんかも。
">潤愛狙撃手 (←アマゾン)

表紙画像は続きへ

続きを読む "~1/21 BL 樹生かなめ、崎谷はるひ、高岡ミズミ、ななおあきら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|